とよだようこさんのインタビュー記事アップいたしました

▼インタビュー記事▼
https://www.stockdesignlab.com/interview/interview06/

今年春にリリースした「おどこだて」プロジェクト。

福岡市西区小戸にある2階建ての一軒家です。2031年までの10年間のサブリース事業として、弊社としてはじめての試みです。「うみまち に ひらく」をコンセプトに、まちと共存し、開かれた一軒家として再生することを目指しスタートしました。

そしてこの秋、とよだようこさんのショップ「木蓮」、そしてアトリエ「0202」としてオープン。また、ご夫婦の暮らしの場としてスタートしました。

味わいのある家具と丁寧に作られた作品に囲まれ、さらに、とよだご夫婦の愛情に浸った「おどこだて」。
家が喜んでいる。そんな空気は建物内に留まらず、まちにも溢れ出ているように感じました。

そして、取材中印象に残った、とよださんの一言。
「出会いが自分自身を成長させてくれた」。

「おどこだて」との出会いも、とよださんのさらなる飛躍につながるといいなと思いつつ、引き続きそのお手伝いができることに感謝です。

カメラマン/ライターの目野つぐみさんに、これまでのことを素敵な写真と言葉でまとめていただきました。
是非ご一読ください。

(キタザキ)

関連記事

お問合せは
こちら