• PROJECT一覧ページへ

うみまちのレトロな一軒家を共創する。

おどこだてプロジェクト


 

バックグラウンド

「おどこだて」は、株式会社大洋様が社宅として1973年(昭和48年)に新築した2階建木造住宅です。所在地は福岡市西区小戸。小戸公園から歩いて6分ほどの住宅街に位置します。ここ数年は空き家として使われていない状態でしたが、ポテンシャルを秘めた建物や周辺環境に、地域に愛し、愛される建物に生まれ変わる可能性を感じ、2021年4月よりプロジェクトスタートしました。弊社にて2031年3月末まで、物件を借り上げ転貸するサブリース事業として運用してまいります。

 

コンセプト

「うみまち に ひらく」

海近の閑静なロケーション、レトロで愛嬌のある建物。ゆるやかな時間をもたらしてくれる豊かな植栽。
「おどこだて」は魅力に溢れていました。私たちの役目は、ここをいろいろな人に広く知って、使ってもらう機会をつくること。
校正用語で漢字表記できる言葉をひらがな表記にすることを「ひらく」といいます。
まちにひらく「小戸戸建て」は「おどこだて」に生まれ変わります。

事業スキーム

「作らずに創る」

「おどこだて」はすぐに空間を作らずとも魅力が十分にありました。そこで私たちは、まず「仕組みをつくる・チームをつくる・魅力をつくる」ことに。一般的なサブリース事業の仕組みをベースに、弊社のデザイン力を独自のサービスとして盛り込むことで「作らずに創る」サブリース事業として、プロジェクトを展開することにいたしました。

1.投資分散
物件への投資を、家主、事業主(弊社)、借主の三者に分散することで投資負担を軽減

2.改修ギャップを無くす
借主との契約後に工事を着手することで、改修内容のギャップを減らし、無駄施工を無くす

3.デザイン&工事サポートする
弊社の強みである「デザイン」を付加価値としてサービス提供し、借主の事業をサポートする

4.継続的に関わりをもつ
管理会社として借主と建物を継続的にサポート

プロジェクトメンバー

福岡市内を中心に賃貸リノベーション業界を牽引する㈱スペースRデザインさんにリーシング/プロモーションを担当いただき、より物件と相性のいい借主さんとのマッチングを行います。
賃貸募集ページ≫ https://www.space-r.net/rent/odokodate/1-2f

イラスト

イラストは福岡在住のイラストレーター moecoさんに依頼しました。内装は入居者さん次第となるため、不変的なスペースである庭にフォーカスし、「カフェ」「イベント(マルシェ)」で人が集う2点のイラストを描いていただきました。完成形の見えない中でのプロジェクトスタート。このイラストがプロジェクトの未来予想図となります。

*画像はマルシェバージョン

ロゴマーク

シンボルマークは海のそばというエリアの特徴から「波」と、建物を見上げた際の「連なる屋根」をモチーフに。「おどこだて」の文字はたっぷりと文字間をとることで、建物のゆったりとした雰囲気を表現しています。ロゴマークは弊社にて作成。

ギャラリー

プロジェクトメンバー
家  主:株式会社大洋
事業主/管理 :株式会社ストックデザインラボ
企画設計工事:株式会社ストックデザインラボ
リーシング:株式会社スペースRデザイン
イラスト:moeco

お問合せは
こちら