Our thought

「響き合うデザイン。心地いい日常」

大切にしているのは、つながり。
そして、その真ん中に置いているのは、
響き合う感性です。

「いいね」の思いが似ていたり、
「心が動く」方向が同じだったり、
その延長線上やクロスポイントで
関わりを紡いで広げていければー。

クライアントも、共に動くメンバーも
長い関係を築きながら、
心地良い日常を描きます。

______Position

アイデアを図面に描きだす建築家か、
空間をつくりあげる工務店か。

スペシャリストとしての突き詰めた道か
ゼネラリストとしての広い視点の采配か。

果たしてどのポジションにいる会社なのか?

できれば、そんな領域のボーダーを超えて、
もっと身軽に、ときには泥臭く、動ける会社でありたい。

目指すのは、設計・施工を起点にしながらも、
ときには、大工仕事もいとわずに動いてみたり、
不動産から事業の組み立てまでスケッチしてみたり、
ありそうでなかった「まず、話してみたくなる」会社です。


______Design

デザインのベースとしているのは、
「好き」や「やりたい」の感性を汲み取って
ハコというカタチに組み込んでいく編集力です。
そこには、日常の営みはもちろん、
時には事業の営みも構造として計算していきます。

また、日用としての空間を、
“続いていく”ことを前提として考えて、
完成した瞬間よりも、時間を経るごとに
心地よさや快適さが増していくような
時間軸のデザインも大事にしています。

あえて、可能性、可動性を生み出す
バッファーのある発想。
時を重ねることによって生まれる“変化”にも
柔軟に対応していけるやわらかなライン。

一筋縄ではいかない
物語りのあるデザインを描きます。


______history

デザインへの入り口は、学生時代に研究した
イギリスのウィンザーチェア。
その根底にあったのは、鑑賞する美術品ではなく
日常を楽しくするために作られ、
繰り返しリプロダクトされながら
生活と共に時を経て愛おしさを増す道具たち。

日本では「用の美」として愛される
民藝に心惹かれてデザインの扉を開きました。

しかし、一歩踏み込んだ現実のモノづくりの世界は、
消費されることを前提に、速さや安さの競い合い。
若き志が押しつぶされそうになったときに出会ったのが
老朽賃貸住宅の「リノベーション」という流れでした。

古いものを愛し、大切にし、そして、自分らしい空間として高める。
用の美を起点とする民藝のように、
過去の積み重ねを大事に、丁寧に、
未来の使われ方を描くデザインの道を志しました。

代表取締役 北嵜剛司

1980年、福岡県福岡市生まれ。福岡市立福岡西陵高校、九州産業大学芸術学部デザイン学科 卒業。
家具/店舗デザイン会社、吉原住宅有限会社・株式会社スペースRデザイン(不動産企画・管理会社)を経て、2016年9月 ストックデザインラボを開業。2018年5月 法人設立。
CPM®(米国不動産経営管理士)



サービス

オフィス・店舗設計のご相談

ブランドを体現する空間デザインから、居抜きや部分的なポイントリノベなどの低コストリノベまで幅広く対応しています。あわせて、ロゴやチラシなどのグラフィックデザインも行っております。


リノベーション(個人住宅)のご相談

お客様との対話を重ね、こうしたい!を叶えるリノベーション。フルリノベーションをはじめ、当社オリジナルのリノベーションプラン「インスタントリノベ」なら、模様替え感覚のお手軽リノベも可能です。


賃貸住宅のご相談

[不動産オーナーさま・管理会社さま向け]
不動産経営に行き詰まりや不安を感じていませんか?当社ではリノベーションだけでなく、入居者像や用途の見直しなど、その枠組みから再考し、物件の強みを最大限に活かす独自性をもったブランディングで不動産事業をサポートいたします。


お問合せはこちら