Maruhachiオープニングイベントが無事終了しました

Pocket

GWの4月28日(土)〜5月6日(日)の9日間をかけた、画家・沖賢一さんのMaruhachiスタジオ オープニングイベント。
結果的には、企画段階で予定になかった沖さんの壁面ペイントがMaruhachiスタジオに息を吹き込み、クロージングパーティでは芫さんの会場演出がムードを作り、とんちピクルスさんのライブで大盛況となりました。

そして元質屋であること、競艇場の目の前であること、普段出会わない競艇場に通うお客さんとのやりとりやこの場所ならではの立ち飲み屋の存在など。場所や建物の面白さを踏まえ、スタジオやオフィスという利用方法の異色な組み合わせに興味を持った福岡の個性ある方々に集まっていただくことができました。

また、あまり類のない9日間の公開制作の形やクロージングパーティが大盛況だったことにより、301号室に入居中のフォトグラファー下川順司さんのオフィスを含め多くの方に内覧していただくことができました。

さらに期間中に作品の進行だけでなく日常の出来事をレポートし続けることで(Instagram)、Maruhachiへの愛着が湧いた方や競艇に関する悪いイメージを払拭できた方もいたのではないでしょうか。

期間中は、アーティストや経営者など型にとらわれないスタイル、人との繋がりを活かした仕事をする人が集まっている印象でした。今後もMaruhachiの魅力に共振する人が集まることと思います。
今後のMaruhachiもお楽しみに。

Maruhachi 那の津プロジェクト

関連記事

お問い合わせはこちら