• PROJECT一覧ページへ

郊外型ニュータウンの秘密基地

宗像市日の里ニュータウンエリアプロジェクト「日の里サードベース」


バックグラウンド

2017年6月~2018年3月までの間、宗像市から業務委託を受け、九州大学と共に日の里地域のまちづくりをおこないました。
福岡県宗像市の「日の里団地」は、1971年にまちびらきされたベットタウンです。多くの若い核家族が、ピカピカの新しい日の里団地に引っ越してきて約半世紀。現在は、住民の高齢化や児童の減少、空き店舗の増加などがしばしば話題にのぼりますが、近年、さまざまなまちづくりの活動が起こりはじめています。
そして2017年、日の里1丁目の空き店舗をコミュニティ活動の拠点にした「日の里サードベース」プロジェクトが始まりました。大人も子供も集まれる、みんなの秘密基地をコンセプトに掲げ、地域の方や小中学校などの教育機関と一緒に企画運営ををおこないました。

 

空間デザイン

イベント企画運営

「DIYワークショップ」

住民それぞれの居心地を作るために、ゼロから一緒に場づくりをおこないました。空間デザインのテイストを話し合うところから、壁、床、インテリアまでをできるだけ住民の手でDIYしていただきました。空間デザインは、土足で上がれるパブリックな印象の土間に加え、部分的に床を設け、プライベート感のある中間領域を設けました。

こうして、一緒にDIYしながら参加者の意欲や関わりを支える役割をつとめました。住民の想いが、さらに人を引きつけ、地域の手がたくさん集まって内装が完成しました。

ロゴデザイン

ウェブサイト

ロゴマークは、サードベースの所在地の緯度経度を暗号のように入れ、コンセプトである「みんなの秘密基地」を表しました。また当初は、弊社から他会社に運営を引き継ぐことになっており、それらも視野に入れながらバランスを取るデザインにしています。

2017年に新装したウェブサイトは、制作前にすでにSNSで多くの文字情報が発信されており、たくさんのコンテンツが一目で伝わるようにデザインしました。

イベント企画運営

「地域のこどもたちと屋台づくり」

1971年のまちびらきの後、住民の間で始まった「日の里まつり」。2017年は、地域の小学生・中学生が作ったオリジナルTシャツを販売するための屋台を一緒にDIYしました。その後もさまざまな活動に使っていただけるように可動型のデザインに。現在でも、駅前のまちづくり拠点で活躍しています。

編集・DTPデザイン

日の里サードベースの活動が1年を迎えるにあたり、日の里全戸へ配布される「まちづくり通信」を制作しました。柴田建助教授(当時)と共にこれまでの活動を整理し、日の里のこれからの50年を考えるアイデアやヴィジョンを提案する通信となりました。
また「NEXT50」というテーマの堅い印象を軽く羽ばたくようなデザインにし、幅広い年齢層に読まれることを考慮しています。

[WEB] http://hinosato3b.com
[facebook] https://www.facebook.com/hinosatotb/

物件概要
所在地:福岡県宗像市日の里1-22-8-5
物件名:山下アパート
交通:JR鹿児島本線「東郷駅」徒歩10分
築年:昭和48年10月(1973年)/築45年

お問合せは
こちら